創造農村

  • 創造農村とは
  • 農村地域の現状
  • プロジェクト
  • ムービー

日本の原風景を未来に

2009年の4月から6ヶ月間、篠山市では「丹波篠山築城400年祭」が開催された。

このとき実行委員会が選択したのが、「内向き」の祭にするという手法であった。

集客を目的とした一過性のイベントではなく、市民が楽しむ「まちづくりの祭」を目指したのだ。

コンセプトは「丹波篠山スタイル」...それは、安易な観光化を望まず、日常の暮らしを大切にする市民意識に配慮したものだった。

このため、市外への広報はほとんど行わず、市民団体・グループによる106の事業が自主的に企画運営されることになった。

途絶えていた祭の復活、伝統食の復刻、歴史文化や自然の学習、特産づくり、新しいイベントの創出などその内容は多彩だった。

「まちなみアートフェスティバル」など多くの事業が今も市民の手によって実施されている。

並行して設置された「これから100年のまちづくり委員会」では、こちらも市民参画で地域再生に向けたまちづくりが議論された。

そして、ここに住む人々が篠山に魅力を感じる人々とともに「懐かしくて新しい未来」を創造することが確認された。

100年後に向けた景観法の導入、歴史文化基本構想の策定、ふるさと篠山へ帰ろう住もう運動、レンタサイクル「えこりん」事業、日本の暮らしを体験するツーリズム事業などがここから始まったのだ。

オープニング記念コンサートの様子。

篠山城大書院で行われた結婚式。

昔ながらの町並みが残る商家群の家々をギャラリーにして開催される「まちなみアートフェスティバル」。

集落の再生

そのツーリズム事業として先導的に取り組まれたのが古民家の宿「集落丸山」だ。

篠山市の若手プロジェクトチーム、丹波の森協会などの支援を得て、丸山地区の将来について計16回のワークショップと学習会が重ねられた。

最終的に空き家を再生・活用してオーベルジュとする計画が立案された。

そしてその後が早かった。

空き家3棟がそれぞれの所有者から無償で提供され、建物改修のための補助金も獲得。

集落に残る5世帯19人がNPO法人を設立し、このNPOと一般社団法人ノオト(以下NOTE)がLLP(有限責任事業組合)を設立。

NPOが宿の運営を、NOTEが資金調達とノウハウ提供を分担して、2009年10月に集落丸山は開業した。

ワークショップの開始から1年後のことである。

ささらい:江戸時代の庄屋の屋敷を改修。母屋と敷地内にある4つの蔵にはプリン専門店や服飾雑貨店など、複数の店舗が入っている。

天空農園:築250 年の茅葺民家の改修を行い、宿泊や体験学習など、さまざまな用途に利用できるセミナーハウスに。里山の生活を満喫することができる。

篠山ギャラリーKITA'S:世界的プロダ クトデザイナーである喜多俊之氏の作品を扱うギャラリーカフェ。解体寸前だった古民家を買い取り、モダンな空間へと蘇らせた。

本格的な空き家活用へ

この宿はテレビ番組や雑誌などのメディアにも取り上げられ、限界集落の再生モデルとして注目を集めている。

この谷奥の集落では都市住民による耕作放棄地の活用や、ボランティア団体による里山再生など次々と再生事業が展開される状況になっている。

集落丸山の再生事業をきっかけにして、NOTEでは空き家となった古民家の再生とコミュニティの再生に本格的に取り組むこととなった。

古民家再生には、建物の所有者とそのコミュニティ、建築士と工務店、出店する事業者などが関わることになる。

補助金を導入する場合には、ここに篠山市や兵庫県も加わる。

NOTEはこうした多くの関係者を繋ぎ、コーディネート役を果たしているのだ。

空き家の発掘と流動化、資金調達、低コストでの建物改修、事業者のマッチング、サブリースなどの手法を駆使して、地域のニーズに幅広く対応している。

この3年間に中間支援を行ったコミュニティは12地区、再生物件は工事中・計画中のものも含めて36棟、新規開業は20店舗にも及ぶ。

集落丸山の宿。懐かしさを感じさせる古民家を一棟そのまま宿泊施設に。

黒くしっかりとした梁や柱がそのまま残る宿の内装。

集落丸山内にあるフランス料理店「ひわの蔵」。篠山の食材を使ったフルコースを堪能することが出来る

ユネスコ創造都市ネットワークを目指す

このような成果を踏まえ、NOTEは、2011年1月に神戸で開催された創造都市ネットワークの全国会議において、農村が持つ豊かな生活文化の創造性に基づいて地域課題を解決するという「創造農村」の概念を提唱。

同時に篠山市は、ユネスコ創造都市ネットワークの登録申請を目指すこととした。

こうして篠山市では、築城400年祭からユネスコ創造都市ネットワーク申請に至る地域再生の流れを、市民とNOTEと篠山市が連携して創り出している。

懐かしくて新しい日本の暮らしは、この土地に静かに根づきつつあるようだ。

書籍・パンフレット
創造都市への展望―都市の文化政策とまちづくり
創造都市への挑戦――産業と文化の息づく街へ (岩波現代文庫) [文庫]
ソトコト